2020.08.25

北谷戸建てホテル旅行☆移住者目線のおすすめスーパー土産

北谷戸建てホテル旅行☆移住者目線のおすすめスーパー土産
北谷の戸建てホテルでロングステイをしていると、いつの間にか地元の暮らしにも馴染んできますよね。
 
北谷に多い戸建てホテルはキッチン完備がほとんどですから、日々沖縄ならではの食材を調理・堪能することも可能です。
 
沖縄戸建てホテルでロングステイをしながら、移住者目線でスーパーを見てみると、「使える!」食材も多いのではないでしょうか。そしてお土産に紹介したくなる旅行者も少なくありません。
 
そこで今回は、北谷の戸建てホテル旅行で喜ばれそうな、移住者目線から見て喜ばれそう…、便利な「スーパー土産」をお伝えします。
 

 

北谷戸建てホテル旅行☆
移住者目線のおすすめスーパー土産

 

沖縄乾物食材



沖縄のローカルスーパーでは、オリオンビールや沖縄にあるファーストフード店「A&W」で提供されているルートビア、ブルーシールアイスクリームまで、沖縄でなければ購入できない品々は数多くあります。
 
けれども飲み物やアイス類は、お土産として持ち帰るには少しばかり大変ですよね。沖縄は離島なので郵送するにもお金が掛かってしまうため、手持ちで気軽に持ち帰ることができて、沖縄ならではの食材があれば便利です。
 
そんな時、乾物はとても便利です。北谷戸建てホテルでロングステイをしているなら、その途中で送る時にも、郵便局のレターパックなどで気軽に送ることができます。
 

【 北谷戸建てホテル旅行☆安全な乾物 】
 
① ちゃんぷる~麩


→ いわゆる「麩」なんですが、沖縄麩の特徴はその大きさ!バームクーヘンのような大きさの麩を輪切りにして、炒め物(ちゃんぷる~)にします。(ふーちゃんぷる~)
 
② アーサー


→ 全国的に言う「あおさ」の沖縄言葉がアーサーです。沖縄では干潟でたくさん採ることができるので、スーパーには大きな袋で販売された乾物アーサーがゲットできます♪

 

気軽に持ち帰ることができる沖縄スーパー土産では、缶詰類も良いですよね。沖縄料理の缶詰も販売されていますし、沖縄スーパー料理の定番と言えば、「スパム」ではないでしょうか。

 

沖縄料理の「素」



沖縄の炊き込みご飯と言えば、「じゅーしぃ」ですよね。お盆の初日には「ウンケー(お迎え)ジューシー」としてお仏壇に出される他、年中行事やお祝い事では、必ずと言っていいほど登場します。
 
他の炊き込みご飯にはない、じゅーしぃの特徴は豚肉(三枚肉など)が角切りになって入ることで、豚肉のゆで汁を炊く時に使用するところではないでしょうか。
 
この他にも北谷戸建てホテルからほど近い、沖縄のローカルスーパーには、沖縄ならではの料理の素を販売しています。
 

【 北谷戸建てホテル旅行☆沖縄料理の素 】
 
① じゅーしーの素


…「フーチバー(よもぎ)ジューシー素」や「アグー豚ジューシーの素」など、各社から多彩な種類が販売されていますが、人気どころはサン食品の「沖縄風炊き込みご飯ジューシーの素(具たっぷり)」や、ローソンセレクトの「ジューシーの素」です。
 
② タコライスの素


…タコライスの素は定期的に取り寄せる人々もいるほど人気!ご飯の上にタコライスの素、トマトとレタス(キャベツ)を乗せるだけで完成です。ひき肉をプラスしても良いかもしれません。

 

観光客の旅行土産としてはあまりピックアップされないのですが、ローカルでは「簡単に作れちゃう!」として、意外に利用されている「素」は、「クーブイリチーの具」です。
 
クーブは昆布、イリチーは炒め物で、昆布の炒め物となります。ちょっとした副菜に便利ですので、一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

 

オキハムレトルト食品



「琉球料理」シリーズ「沖縄の味じまん」シリーズは、沖縄のあんまぁ~(おかん)も、学業や就職で本州へ引っ越した子ども達に送るほど、沖縄ローカルにも定番で人気の、おすすめ地元スーパー土産です。
 
ただし、「中身汁」や「ヤギ汁」は沖縄ローカルには人気があるものの、本州の人々の感想は賛否両論でもあります。贈る相手によって選んでください。
 
癖になる味として大ファンになる人もいる一方、「臭いもダメ!」なんてこともあることは否めません。「てびち」もあるものの、豚足ですから、コチラも贈る人を選びます。
 

【 北谷戸建てホテル旅行☆おすすめスーパー土産 】
 
① ソーキ


→ 「(沖縄の味じまんシリーズ)軟骨そーき」はごぼうと一緒に炊いた、豚のあばら肉です。この他、炙り軟骨ソーキやソーキ汁もあります。
 
② いなむどぅち


→ 「いなむどぅち」は「猪もどき」の意味合いで、かつては猪の肉を使った白みその料理でした。今では豚肉を使っています。沖縄ではお祝い事には必ず出てくる料理です♪
 
③ らふてぃ


→ 沖縄の家庭肉料理と言えば、豚の三枚肉を炊いた「らふてぃ」ではないでしょうか。本州で言うところの「豚の角煮」ですね。「(沖縄の味じまんシリーズ)らふてぃ」は、ごぼうと一緒に炊いています。

 

もちろん!贈る相手が大丈夫そうであれば、「ザ・沖縄料理」のヤギ汁やてびち、中身汁は、珍しい郷土料理としておすすめです。
 

【 北谷戸建てホテル旅行☆オマケのレトルト情報 】
 
★ スーパーで買えるレトルト食品土産で、観光客の間で密かなブームになっているのが、「沖縄限定ボンカレー」です。


→ 昔ながらの、笑顔のお母さんが笑うパッケージなのですが、全国的には絶版になっているとか!

 

沖縄のスーパーでは普通に販売しているので、反対に沖縄の人々がビックリしている状態なのではないでしょうか。
 

 

沖縄スーパーお菓子



国際通りや空港に並んでいるお菓子類も沖縄のローカルスーパーでは販売されていますが、地元の人々用のビニールパッケージを購入すれば割安です♪
 
ちんすこうも12個セットで210円など、お手頃価格が多くありますし、塩せんべいも安い割れ塩せんべいまで様々な種類が並んでいます。
 
沖縄の昔ながらのお菓子と言えば、「ターナファンクルー」なども販売されていますね。また歌舞伎せんべいのような「亀せんべい」シリーズも、安くて人気です♪
 

【 北谷戸建てホテル旅行☆美味しいお菓子 】
 
① スッパイマン


→ 沖縄お菓子の代名詞とも言える「スッパイマン」は、創業60年・お菓子のデパート上間商事さんで販売される、沖縄では定番中の定番!スッパイマンシリーズが多彩で、梅キャンディーの他、アイスやお酒(梅サワー)まで出ています。
 
② 元祖みそクッキー


→ 久米島の海を守る会が販売しています。1袋432円とスーパー菓子としては少しお高めではあるのですが、懐かしいおばぁの味がともかく美味しい!

 

この他にもおすすめの黒糖など、沖縄スーパー土産、特にお菓子類はここではお伝えしきれないほど多彩なので、また別の記事「北谷戸建てホテル旅行☆ローカル人気の沖縄菓子!」でお伝えしますので、コチラも立ち寄ってみてください♪
 

 

沖縄の調味料



沖縄の調味料と言えば「塩」…、国際通りには塩の専門店もあるほどで、沖縄スーパーの塩コーナーには、安いものから高いものまで、数々の塩が並んでいます。
 
なかでも「ぬちまーす」は観光客に人気の塩で、「ぬち」は命・「まーす」が塩なので「命の塩」と言う意味合いのネーミングです。沖縄ではお清め塩としても、用いられます。
 

【 北谷戸建てホテル旅行☆沖縄の調味料 】
 

① ペンギン食堂のラー油

この投稿をInstagramで見る

@sthkznがシェアした投稿


… 石垣島のペンギン食堂が販売しているラー油です♪普通のラー油の他に「激辛」もあります。同じくペンギン食堂の「にんにく油」も美味しいです。
 
② もずく塩


… ミキサーにかけたもずくを塩に混ぜたお塩で、漬け込んだ際に出たもずく汁を煮込んで水分を飛ばすため、まろやかに仕上がっています。

 

この他にも、沖縄ならではの調味料はたくさんありますよね。有名なところで言えば、沖縄のステーキハウスには必ずある「A1ソース」、また沖縄そば屋さんで見る、島とうがらしを泡盛に漬けた「コーレーグース」などです。


珍しい沖縄ならではの調味料なのですが、一方で酢をふんだんに使うため、その風味が苦手な本州の方々も少なくありません。コチラも相手を選びつつ、お土産にすると失敗がないのではないでしょうか。


沖縄の調味料に関しても別記事「北谷戸建てホテルで料理☆使いこなすローカル調味料」でお伝えしています。
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は北谷戸建てホテルでロングステイをしているなら、お土産選びにとても便利な、沖縄のスーパーで購入できる、沖縄ならではの品々をお伝えしました。
 
戸建て住宅を一棟まるごと利用できる北谷の戸建てホテルであれば、お土産ではなくとも、日々沖縄の食材を楽しむことができますよね。
 
スーパーではパックでもずくが販売されていることはもちろん、海ぶどうも手軽にゲットできます。またピーナッツで作るジーマミー豆腐も沖縄の料理ですが、甘みとコクを好む旅行客も多いです。
 
毎日ちょっとスーパーに寄りながら、面白い食材を試してみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

沖縄のスーパーで買える、おすすめ土産

・乾物ならちゃんぷる~麩やアーサー
・じゅーしーやタコライスの素は便利
・オキハムのレトルトシリーズが人気
・お菓子ならスッパイマンと元祖味噌クッキー
・喜ばれる調味料はペンギン食堂のラー油と塩もずく