2020.08.10

北谷で人気!戸建てホテルの選び方☆快適に泊まるポイント

北谷で人気!戸建てホテルの選び方☆快適に泊まるポイント
今、沖縄旅行では北谷に多い戸建てホテルが人気です。北谷のみならず「戸建てホテル」は、一戸建て住宅をまるまる一棟貸切るスタイルなので、大人数でも家族でも、水入らずで楽しむことができる点は魅力的ですよね。
 
今では旅館業許可を得て営業している施設が多いものの、もともとは民泊事業から始まった北谷の戸建てホテルでは、沖縄のリゾートホテルと比べ、比較的宿泊料金が安価なことでも、注目されるようになりました。
 
そんな北谷の戸建てホテルですが、初めて利用する時にはどこでどのように探し、どのような点に注意をして選んだら良いでしょうか。今回は、後悔のない北谷戸建てホテル探しのポイントをお伝えします。
 

 

北谷で人気!
戸建てホテルの選び方☆快適に泊まるポイント

 

民泊専門の予約サイトを利用する


民泊専門の予約サイトを利用する
民泊事業から始まった北谷に多い戸建てホテルは、今でも民泊専門の予約サイトに登録をしている施設が多いです。
 
個人オーナーが多いので、最初は民泊専門予約サイトで、興味深い施設を選んで気に入ったら、次からは直接電話やサイトの予約ページでリピートすると便利ではないでしょうか。
 

【 北谷戸建てホテルの選び方☆民泊専門予約サイトで検索 】
 
airbnb
① 日本で最も知られているサイトは「Airbnb(エアービーエヌビー/エアビー)」です。
 
Vacationstay
② 「楽天LIFULL STAY」が運営する、民泊専門サイト「Vacation STAY(バケーションステイ)」でも、戸建て一棟貸し切りホテルを数多く紹介しています。
 
③ 海外で人気が高いサイトは、シンガポールを拠点とした「agoda(アゴダ)」は、一軒家やバンガローなど、条件検索機能も付いているので、検索に便利です。

 

日本では最も有名なAirbnbを例に取っても、日本国内での宿泊施設の登録件数だけでも9万件を超えています。
 
agodaに限らずAirbnbでも家族向け・グループ向けなど、検索機能が便利ですので、賢く利用しながら、相性の良い北谷戸建てホテルを探してみてはいかがでしょうか。
 

 

戸建て貸し切りホテルに予約


戸建て貸し切りホテルに予約
貸し切りの北谷戸建てホテルは民泊事業から始まった宿泊施設が多いため、個人ホストが運営していることが多いです。
 
それぞれに料金設定をしていることが多いため、料金形態は事前確認をして、支払い時点で思わぬトラブルにならないようにしてください。
 

【 北谷戸建てホテルの選び方☆料金形態 】
 
★ 特に、一戸建て住宅を貸し切りで提供するスタイルが多いため、最低人数を設定している施設が多々あります。
 
① 最大人数・最小人数の設定がないかどうかを確認してください。
 
… 最低人数が4人に設定されたホテルでは、4人分の宿泊料が必須です。そのため2人・3人など4人以下の宿泊になると、せっかく安い宿泊料金が魅力の北谷戸建てホテルも、割高になってしまいます。
 
② 清掃料金が含まれているかも確認します。
 
… 北谷の戸建てホテルでは、宿泊費が清掃料金別になっている施設も多くありますので、事前に予約サイトをよくよく確認してください。

 

最低人数が3人・4人など、少人数であればまだ良いのですが、豪華で大きな北谷の戸建てホテルになると、なかには最低人数が8名から…、と言う設定も見受けられますので、法外な値段にならないよう、チェックが必要です。
 
また、まだまだ沖縄ではリゾートホテルほど予約が難しい施設は多くはありませんが、個人ホストの多い北谷の戸建てホテル群は、一棟貸し切り=一組の予約で満員になる、…と言うことですので、早め早めのの予約を心がけてください。
 

 

部屋の様子を確認する


部屋の様子を確認する
一棟貸し切りの北谷戸建てホテルでは、グループなど大人数での宿泊も多いのではないでしょうか。
 
この時、家族など気心の知れた間柄であれば問題はないのですが、サークル仲間など、一緒に旅行をする仲間との距離感によっては、寝る場所や広さに配慮が必要です

 

【 北谷の戸建てホテルの選び方☆寝室 】
 
★ そのため、予約する前に住宅の広さや、寝室の数をチェックしてから決めると安心です。
 
→ また大人数の場合、寝室が洋室(ベッド)よりは布団の方が、人数に融通が利くので、何かと便利です。

 

サークルなど大人数で宿泊する場合には、最大人数もご確認ください。ほとんどの北谷の貸し切り戸建てホテルでは、最大人数が設定されていて、その人数を超えた宿泊はできません
 
花火など、夜に賑やかになるイベントを予定しているのであれば、検討している北谷戸建てホテルが、街のどの辺りにあるのか…、GoogleMapなどで確認しておいても良いかもしれません。
 
家々が並ぶ閑静な住宅街では悪目立ちしてしまう可能性もあります。室内でパーティーイベントを予定している場合にも、家の防音設備を確認すると安心です。
 
多くの北谷戸建てホテルで、宿泊の際に守りたい「ハウスルール」が用意されているので、確認してから選んでください。
 

 

設備や環境、条件の確認


設備や環境、条件の確認
車社会の沖縄では、車移動が便利です。今では沖縄ロングステイもじわじわと人気が出ているため、一週間ごとのウィークリーレンタカーや、一カ月ごとのマンスリーレンタカー業者も見受けられます。
 
地元の暮らしを堪能できる北谷の戸建てホテルは、車との相性も抜群です!
 

【 北谷戸建てホテルの選び方☆施設や環境を確認 】
 
★ 駐車場の有無を確認! … 一棟貸し切りスタイルであれば、家に駐車場は完備されているのか、何台停めることができるのかをチェックしてください。
 
→ また、最近ではペット同伴の旅行者も多いです。一棟貸し切りスタイルで安心してしまいがちですが、ペットとの宿泊ができる施設かどうかを確認してから、連れて行くようにすると、トラブル回避に繋がります。

 

ホスト(オーナー)に直接確認を取ると、本来はペット不可の宿泊施設でも、「外(庭)にいるなら良い)」と譲歩があった例もありました。反対にホストが動物好きで、庭先に動物用足洗い場などを設けているケースもあります。

 
併せて、車があまり得意でないゲストでも、周辺にアクセスが便利なバス停などがあるのかどうかなど、周辺環境も確認しておくと安心です。
 
北谷の戸建てホテルは一棟貸し切りでキッチンも完備なので、近くのスーパーやコンビニと、そこに行くまでの時間や道筋もチェックしてから決めてください。
 

 

北谷の戸建てホテルを楽しむ!


北谷の戸建てホテルを楽しむ!
沖縄でお家のような戸建てを一棟貸切る魅力は、まるでお家のように自由にできること!なかでも料理を手軽に作ることができる点は、ホテルにはない魅力ですよね。
 
鍋やフライパンなどの調理器具はもちろん、調味料も揃えている北谷戸建てホテルもあります。ただ、調味料は人により好みが分かれますので、事前に揃えて行くのも良いかもしれません。
 
旅行に丁度良い小さな調味料は高価になりがちですし、必ずしも揃うとは限りませんよね。
 

【 北谷戸建てホテルの選び方☆料理を楽しむ 】
 
★ 最近ではベランダや庭で食事を楽しむスタイルも人気です。施設によっては、カセットコンロやバーベキュー設備があるなど、野外料理を楽しむことができるタイプもあります。
 
→ 手軽に作ることができるレシピをいくつか知っておくと便利かもしれません。また大人数であれば、後片付けも楽になるよう、下記のような準備も便利です。
 
・ ラップ
・ ペーパータオル
・ 紙皿
・ 紙コップ
 
※ 北谷の戸建てホテルの多くは、アメニティー完備ですが、内容や数まで確認しておくと、事前準備ができて困ることもありません。

 

近くには朝早くからオープンしているモーニングを楽しむことができるカフェもありますので、自由に選んでみてください。
 
ちなみに、北谷近郊であれば宮城海岸などでバーベキューも楽しめます。(詳しくは別記事「北谷でバーベキュー☆地元の楽しみ方5つのポイント」などをご参照ください。)
 
自炊は地元のスーパーで買い出しをしたり、ローカルの人々とのコミュニケーションも魅力です。
 

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄通の旅行者に人気の、民泊事業から人気に火が付いた、北谷の戸建てホテル群について、その魅力と選ぶポイントをお伝えしました。
 
北谷の戸建てホテルは個人オーナーが運営していることが多いので、より気軽に確認・相談ができるかもしれません。オーナーと相性が良く、親しくなることができるなら、よりディープ沖縄を堪能できることもあります。
 
大人数で一棟を貸し切るのであれば、心おきなく安い値段でも楽しむことができますし、家族であればリビングで一同会し、人目を気にせずに家族団らんができる点も人気の秘密です。
 
いつもはリゾートホテルが定番!と言う方も、コロナ禍の今だからこそ、この機会に北谷の戸建てホテルでの宿泊を試してみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

一棟貸し切りホテルを選ぶポイントとチェック事項

・「Airbnb」などの民泊専門予約サイトで探す
・最低人数を満たさないと、割高になる
・最大人数を確認し、オーバーしないようにする
・清掃料金別になっているかどうかを確認
・一緒に行く人との関係性により間取りに配慮する
・大勢ならベッドか布団かも知っておくと便利
・近所の環境、近隣のスーパーまで確認しておく
・駐車場や台数、ペットを連れて行くなら可否も確認
・アメニティーの数や内容を確認
・キッチン用品をチェックし、紙皿なども用意しておく