2020.06.01

沖縄旅行は北谷の戸建てホテル☆withコロナ時代の選択肢

長期ワーケーションでも快適
withコロナ時代の沖縄旅行として、北谷に多い戸建てホテルが注目されていますよね。「戸建てホテル」とは、ごく一般的な戸建て住宅をまるまる貸し切りにした、プライベートホテルです。
 
もともとは民泊ブームから始まった、沖縄北谷の戸建てホテルは地元の人々が持ち家や空き家住宅をリフォームし始めたケースが多く、個人運営も多く見受けられます。
 
そういった理由もあり、大きな宣伝をしていないため、「知る人ぞ知る」存在になっていますが、withコロナ時代の沖縄の宿泊施設として、改めてニーズが増えました。
 
そこで今日は、withコロナ時代の沖縄旅行のポイントと、北谷戸建てホテルが選ばれる理由についてお伝えします。
 

 

沖縄旅行は北谷の戸建てホテル☆
withコロナ時代の選択肢

 

withコロナ時代の「非接触」ホテル


沖縄北谷のホテルなら☆戸建て貸切スタイルが人気の理由
コロナ以前の沖縄では、北部や北谷の大型リゾートホテルに人気が集中していました。バブル時代が終わっても、沖縄旅行に関してはリゾート感漂う、いわゆる「セレブトリップ」が人気だったためです。
 
大型リゾートホテルの敷地内にある、プールやホテルビーチ、施設内のエステサロンを満喫しながら、ホテルの高級料理を楽しむ…、そんなスタイルが旅行者のニーズでした。
 
まるで大型リゾートホテルの敷地内が「ひとつの町」であるかのように、一度施設内に入ってしまえば、6泊7日などの長い滞在でも、敷地内から一歩も出ない…、と言う旅行客も多くいます。
 
けれどもコロナを経験し、withコロナ時代に突入した今、人々のニーズは「不特定多数の人々と一緒に泊まらない・接触しない」宿泊施設です。
 
そこで民泊ブームの流れから変化した一棟貸し切り型で、他の宿泊客との「非接触」が実現する、沖縄では北谷に多い戸建てホテルが注目されるようになりました。
 

【 withコロナ時代☆沖縄の北谷に多い戸建てホテル 】
 
★ 「一棟貸切ホテル」「戸建てホテル」などと呼ばれるタイプは、おしゃれな一戸建て住宅を、まるまる一棟宿泊施設として貸し出すスタイルの宿泊施設です。
 
→ 施設一棟をまるまる宿泊施設として提供するため、もちろん、自分達以外のゲスト(宿泊客)はいません。その分、接触リスクを軽減できます。

 

また沖縄・北谷に多い戸建てホテルは2階建てが多く、上階に小部屋をいくつか設けていたり、大きなリビングルームがある施設が多いので、旅行グループ内でのソーシャルディスタンスも保ちやすい点も魅力です。
 
ホテルの1室で2人部屋などになると、なかなか充分な空間を保つことが難しいことも、沖縄北谷の戸建てホテルが注目された理由かもしれません。
 

 

よりリスクの低い「ロングトリップ」


スケジュールの問題がありますが、コロナ以前は全国的に「北海道の〇〇ラーメンが食べたい!」と、昼ご飯を食べに行き、その日の夜にはもう帰る…、と言ったような、「フラッと旅」も流行り始めていました。
 
けれどもコロナ以後は、できるだけ移動回数を少なく、やりたいことをまとめて楽しむ…、ロングトリップへと移りつつあります。
 

【 withコロナ時代☆移動回数の少ないロングトリップ 】
 
★ コロナの経験により、会社もシフト制の休日にしたり、在宅でこなすリモートワーク体制を進めているため、今後はより、個人が時間の調整働く場所を決めやすいシステムになる傾向にあります。
 
→ 政府(観光庁)はリモートワークにより職場を選ばない環境を利用して、働きながら旅行を楽しむ「ワーケーション」を推奨しています。

 

コロナショックにより落ち込んだ経済を活発化させようと、政府(観光庁)は2020年7月22日から「GOTOトラベルキャンペーン」を、他のGOTOキャンペーンに先駆けて先行開始を決定しました。(※)
 
このGOTOトラベルキャンペーンの概要で、観光庁が明記して推奨した事柄が、「ワーケーション」です。
 
そのこともあり、今後リモートワークを利用して働く社員はもちろん、仕事形態の変化により、フリーランスや起業家として、ノートパソコン一台で働く「ノマド族(NO窓族)」も、増えるとされています。
 

【 ワーケーションとしても魅力的な、沖縄北谷の戸建てホテル 】
 
★ 長期滞在によるワーケーションとして、沖縄旅行を検討した時、現地住民と同じ環境で暮らすことができる、戸建てホテルはとても魅力的です。
 
→ 最小限の荷物で沖縄に来ても、洗濯機などの生活機器は全て揃っている施設が多くあります。

 

毎日外食では食費が掛かり、長期滞在は経済的に負担が多いですが、戸建てホテルであればキッチンがあり自炊もできるので、節約旅行も可能です。
 
wifi環境を揃えている、沖縄北谷の戸建てホテルがほとんどですので、インターネットも快適に利用できます。
 

 

暮らしの身近に、旅行がある時代


暮らしの身近に、旅行がある時代
このように、withコロナ時代の旅行スタイルの特徴は、アチラコチラ行くスタイルよりも、いくつかの「別荘」を持っている感覚で、定期的に気分転換に「住み替える」ような、ロングトリップへの移行です。
 
コロナショックにより、企業がリモートワーク導入を本格的に始めただけではなく、個人でも自分を守るため、そして働き方の見直しが起きました。
 
その結果、社員と言う雇用形態を離れて、専属契約フリーランスのような働き方を選ぶ人々も増えています。
 

【 信頼できる宿泊施設をリピートする 】
 
★ 沖縄北谷の戸建てホテルは、民泊ブームからの流れもあり、土地の有効活用として新築の戸建てを建てたり、空き家をリノベーションして宿泊施設として営業しているなど、個人で運営するケースが多いです。
 
→ ゲストとしてはコロナ感染リスクを減らすため、特定のホスト(オーナー)との信頼関係により、同じ戸建てホテルに定期的にリピートするような、人と人との信頼関係により選ぶ傾向も見えてきました。

 

夏は沖縄で長期滞在をして、冬は地元に帰り過ごす…、と言うサイクルを、毎年定期的に行うような、新しい旅行スタイルも聞こえています。
 
 

いかがでしたでしょうか、早く終焉を迎えて欲しいと誰もが思っていますが、世界的にも日本国内でも、第二波・第三波への緊張は絶えず、「いかにコロナ時代を賢く楽しむか」と言う、withコロナを見据えた動きも見えてきました。
 
今は社内情報のセキュリティ問題や、それぞれの社員のパソコンスキルなど、問題もありますが、今後は少しずつ問題を解消しながら、リモートワークやフリーランスのノマド族のように、「個々で働く」時代が訪れてくると言われています。
 
そんななか、国も推奨している仕事を請け負いながらのロングトリップ「ワーケーション」は、ひとつの選択肢です。
 
「GOTOキャンペーン」で旅費の半額分を支援してもらいながら、withコロナサバイバルを賢く楽しみも見つけながら、乗り越えてみてはいかがでしょうか。
 
旅費の半額分が支援される(2020年9月以前は35%)「GOTOトラベルキャンペーンについては、「GOTOトラベルキャンペーンで格安沖縄トリップ☆申請で還元!」、
 
戸建てホテルについては「沖縄北谷のホテルなら☆戸建て貸切スタイルが人気の理由」でもお伝えしていますので、こちらも併せてご参照ください。
 

まとめ

withコロナ時代の北谷戸建てホテルの魅力

・完全なプライベートで他の宿泊客がいない
・「ワーケーション」普及で長期滞在が増える
・リスクの高い移動を減らす長期滞在
・戸建てホテルは一般住宅なので長期滞在にムリがない
・自炊もできるので、滞在費を節約できる
・ワーケーションにより季節ごとに場所を変える暮らしも可